アメリカ お小遣い

アメリカの子供のお小遣い事情

a1

今回は、アメリカの子供のお小遣い事情について書いていきたいと思います。

まず始めにアメリカの子供がもらっているお小遣いは、日本の子供がもらっているお小遣いの約10倍だと言われています。ですがそれ本当なのでしょうか? これが本当だったとしたら、すごいことだと思いますし、ビックリする人が多くいると思います。

アメリカの10歳以下の子供が1ヶ月にもらえるお小遣いの平均額は、113ドル(約1万1400円)と言われているようです。 10歳以下でこれだけのお小遣いをもらっているのが本当であればすごいと思います。 そして10歳以下の子に1万円以上は多いと思いませんか?

米国公認会計士協会の調査でも1ヶ月で平均65ドル(約6600円)という結果が出たようです。ということは、日本より多いのが当たり前のようです。

日本は、小学生のお小遣いの平均金額は1000円前後で中学生のお小遣いの平均金額は2500円くらいなので、小学生で比較すると日本の子供がもらっているお小遣い金額よりアメリカの子供がもらっているお小遣い金額の方が10倍多くもらっているということになるのです。なので本当に、日本の10倍のお小遣いをもらっているようです。すごくビックリですし、すごく羨ましいですよね。

そして日本も子供もそうなのですが、アメリカの子供は必要としている物を全て自分のお小遣いでやりくりしているわけではないようです。 ですがお小遣いで学校で使うものや洋服等の必需品のほとんどを自分で調達する必要があるようです。そして残ったお金は、趣味や遊びなどに使っているようなのです。

また日本の子供は、実際にもらっているお小遣いの金額は少ないですが、洋服や本、玩具などの必要な物は親が買ってあげているのが一般的なのです。

ということは、日本ではある程度の少ない金額を子供自身に管理させているということです。そして逆にアメリカでは、子供自身に支出を自ら管理させるという人が多いようです。

そしてアメリカでは、かなり小さいうちから子供が何かを売って、お金ももらうという習慣があるようなのです。ここは日本とは大きな違いになってきます。

テレビで見たことがある人もいるかもしれませんが、アメリカでは、小学低学年くらいの子供が自宅の前や公園などで、即席のレモネードスタンドを作り、レモネードやクッキーを売る姿がアメリカアでは、夏の風物詩になっているようです。 子供が頑張っているのを見たら、買ってくれる人はきっとたくさんいるのではないかと思います。

そしてどれくらい稼げるのかは、住んでいる地域でも違いますし、やり方などでも違いが出ると思います。ですが稼いだ金額というよりも、小さい子供が自分自身で頑張り、他人からお金をいただくことを学ばせているということに意味があるのだと思います。 そして自分で頑張って稼いだお金を大切に計画して使うことを学んでいるのだと思います。

小さいうちからこういったことをすれば、色々なことが身に付くでしょう。そしてすごくいい体験だと思います。 また小さいうちから色々な人と触れ合うことで、わかることもたくさんあると思います。 日本ではこういったことしませんが、すごくいいことだなと思いました。

そして楽しみと感じることが出来れば、またやりたいと感じると思いますし、同じことを繰り返し繰り返しすることで、色々なことが学べますし、成長できると思います。 また自分から稼ぐことをやりたいと思うことも大切だと思います。

そして他にも近所の家の芝生を刈ったり、犬の散歩をしたりといったアルバイトを小さいうちから始めるようです。

高校生では、家の屋根の雪かきや芝生を刈ったり、ベビーシッターなどをしている高校生もいるようです。そして高校生くらいになると、自分のお小遣いは自分で稼ぐという意識へと変わるようです。

アメリカのように小さいうちから自分で収入を得ていくことで、経済面でも自立心が養われていくようです。 小さいうちから自分で稼ぐという経験をすることで、自立心が高くなるのも当たり前だと思いますし、すごくいい経験になっていると思います。

小さいうちから、このような経験をさせていれば大人になってから役立つことが必ずあると思います。そしてお金のありがたみや価値なども理解出来ていると思います。

子供が大人になってからも困らないようにするために、日本だけではなく、色々な国の親も色々なことを学ばせようとしているのだなと思いました。

このように日本とはさまざまな違いがありましたね。そして日本の子供がもらっているお小遣いの10倍の金額をアメリカの子供がもらっていることもわかりました。

アメリカの子供のお小遣い事情を知ったことで、参考になったこともたくさんあったと思います。参考になることは、国が違ってもドンドン取り入れていっていいと思います。

お小遣いをあげる金額は全然違いましたし、小さいうちから稼がせている所は、違いました。ですが、お手伝いをさせるなどして似せることは出来ると思います。

↑ PAGE TOP